箱根駅伝は雨の日でも開催する?中止になった過去や天気を調査!

こんばんは!こかげです!

あっという間に年末です。

1年早かったですね~!

年末年始のお休みに入る方も

多いのではないでしょうか?

 

さて、今日は

この時期の風物詩

「箱根駅伝」の話題!

スポンサードリンク

箱根駅伝の日程は?

毎年行われている

「箱根駅伝」

毎年お正月になると

必ず見るという方も

結構多いんじゃないでしょうか?

 

ちなみに我が家では

箱根駅伝をやっている時間帯は

必ずつけて見るという

暗黙のルールとなっています(笑)

 

毎年決まって

1月2日と3日の2日間をかけて

行われます。

 

コースは

1日目に東京の大手町から始まり

芦ノ湖が折り返し地点になっていますね!

 

2日目は芦ノ湖からスタートし

スタート地点と同じ

大手町でフィニッシュとなります。

 

雨でも中止されない?

その箱根駅伝ですが

いつも晴れているようなイメージが

ありませんか?

 

ランナーの後ろに

富士山が奇麗に見えて…

というアナウンスを

毎年聞いているような、

聞いていないような…(笑)

 

行われる時期も1月なので

ランナーにとっても

沿道での応援にとっても

天候はとても重要ポイント!

 

箱根駅伝は

天候によって中止することがあるのでしょうか?

 

まず、これまでの過去の試合を

調べてみました!

 

これまでの試合で

天候による延期や中止は

一度もないんだそうです!

 

長く行われている大会なので

戦争があったときは

戦争の激化により中止もされていたようですが

それ以外での悪天候による中止は

されたことがないようです!

スポンサードリンク

悪天候の時は?

ぱらぱらの小雨だったり

少しの曇りだったり

それぐらいであれば

開催できるのはなんとなく分かりますが

大雪や凍結、暴風のときも

開催されるのでしょうか?

 

調べてみると

悪天候によって対策がされるため

開催はされているようです。

 

これまでにあった事例としては

・復路が降雪

⇒除雪し、道路整備後に開催

・凍結

⇒あらかじめ防止するために塩化カルシウムをまいておく

 

など、舞台裏で対策をしているんだそうです。

 

また、雪の日の場合

山岳区間をカットして行うことも

あるんだそうですよ!

やっぱりランナーの安全が

第一ですからね~。

 

年に一度の大舞台!

風物詩でもありますし

ランナーにとっては

毎回が一生に一度。

 

それを支えるために

スタッフさん関係者さんが

努力して開催しているんですね~!

 

ちなみに

過去最も天候が荒れたのは

第82回大会だそうですが

雪の降る中走り切ったそうです♩

 

終わりに

いかがでしたか?

毎年様々なドラマが起こる

箱根駅伝。

悪天候により中止になったことは

一度もない

という結果でした!

来年の箱根駅伝も

感動が溢れること間違いなしです!

ランナーには

一生懸命頑張ってもらいたいですね♩

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。