神田松之丞(講談師)の本名が気になる!独演会やラジオで人気の理由は?

こんにちは!こかげです!

春が近づいて

暖かくなってきました!

先日は春の嵐で

日本各地が大変なことに…

みなさんの地域は

大丈夫でしたか?

私の家は古いので

一晩中風で揺れてました。怖かった…

 

さてさて。

今日は気になった人がいたので

詳しく調べてみました。

それが

「神田松之丞」さん。

人気の講談師です!

私は全然詳しくないんですが

若い人たちにも人気だということで

どういう人なのか気になったので

チェックしてみました!

スポンサードリンク

 

講談師とは?

 

まずは「講談師」が

どんな方なのか

調べてみました。

講談師と聞くと

落語みたいに話す人かな?

と思っていたんですが

落語とは少し異なるようです。

 

「落語」が会話によって成り立つ芸であるのに対し、「講談」は話を読む芸という言い方ができます。勿論、読むといっても単なる朗読とは違い独特のしゃべ調子と小道具の使い方で展開される訳なのです。よく使われる小道具として有名なのが張り扇と釈台(机)です。張り扇で釈台を叩きパパンという音を響かせて調子良く語ります。この小道具を巧みに使った芸こそ「講談」ならではのものです。(引用:講談協会オフィシャルウェヴサイト)

 

イメージとしては

いわゆる落語の方の前に

小さい机と張り扇があるような感じ。

確かに見たことあるなぁと

思いました。

張り扇をもって歴史上の出来事などを

熱弁する、というのもありました。

 

神田松之丞とは?

 

 

 

松之丞さんのプロフィールはこちら。

神田 松之丞

(かんだ まつのじょう)

本名:古舘 克彦

生年月日:1983年6月4日(34歳)

出身:東京都豊島区

 

現在34歳の神田松之丞さん。

幅広い年代から人気なんだそうです!

本名が古舘さんということで

なかなか出会わない珍しい名字ですよね?

あの古舘アナウンサーとも

関係があるのか

見てみましたが

ただ名字が同じというだけのようで

親戚関係なのではありませんでした。

2017年に

「トーキングフルーツ」という

番組で

古舘アナウンサーが

松之丞さんをゲストに

お話しされていました。

スポンサードリンク

 

人気の理由は?

 

松之丞さんは

講談師になって11年目。

2007年に三代目神田松鯉に入門し

2012年に二ツ目昇進。

その後講談の舞台で

優勝も何度かしています。

2017年からは

ラジオのレギュラー番組や

テレビの出演も増えてきていますね。

 

松之丞さんは

講談の世界に新風を起こしている

「講談界の風雲児」

と呼ばれているそうなんです。

笑点でおなじみの

春風亭昇太さんも

松之丞さんに注目していました!

 

YouTubeにも

松之丞さんの動画が

アップされていたので

私も聞いてみました!

感想としては

テンポが良く

抑揚のつけ方がすごい!

話の内容も面白くて

つい聞き入ってしまいました。

 

歴史の話とかだと

難しくてわからないかも…

なんて思っていましたが

日常にあった話を

テンポよく面白く話していて

講談や落語を知らない私でも

楽しかったです!

これが若い方にも

人気が出ている理由だと思います♡

 

終わりに

 

いかがでしたか?

これからテレビ出演する機会も

多いと思うので

チェックしていきたいと思います!

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。