草津白根山が噴火-現在の状況は?観光地への影響はあるのか

こんばんは。こかげです。

本日1月23日午前9時59分に

群馬県の北西部にある草津白根山で噴火が発生。

気象庁によると

23日午前10時ごろ、草津白根山で

大きな火山性微動が観測されました。

気象庁は午前11時50分に火口周辺警報を発表、

噴火警戒レベルを

「入山規制」を示すレベル3に引き上げました。

観光地への影響は?

噴火の影響により草津温泉の観光協会には

観光客や旅行を予定している人たちから

問い合わせが殺到しているようです。

草津観光協会によると

温泉街では噴火による被害は確認されていないとのこと。

「においもなく、灰や噴石も飛んできていない」そうです。

噴火のあった白根山は

温泉街までの距離が約7kmあるため

影響はそこまで広がらなさそうです。

噴火警戒レベルがレベル3に引き上がりましたが

入山規制は山頂から半径2km以内だそうなので

温泉街の方は特に規制がなさそうですね。

 

噴火が起きた場所の近くにある

草津国際スキー場では雪崩や停電が起き

大きな被害が出ています。

気象庁によると

噴火後多発していた小さな火山性の地震は

徐々に減ってきているということなので

このまま収まっていってくれたらいいのですが…。

観光地として人気の草津温泉。

この時期はウィンタースポーツのシーズンということもあり

今回の噴火の影響が危ぶまれますね。

中でもスキー場の完全復旧にはかなり

時間がかかってきそうです。

今後の情報に注意していきたいところです。

観光予定の方は

事前に情報を確認してから行くのがいいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。