ワークナーデレセ(拓殖大)の年齢や出身は?国籍や進路についても調査!

こんばんは!こかげです!

年始と言えば箱根駅伝!

2019年も楽しみですね~♩

 

拓殖大学から出場する

「ワークナー・デレセ」選手について

詳しく見ていきましょう!

スポンサードリンク

プロフィールは?

 

 

ワークナー・デレセ・タソ

生年月日:1995年7月23日(24歳)

出生地:エチオピア

出身中学:ムカラ中学

出身高校:メダニアレム高校

血液型:O型

身長:169cm

体重:50.8kg

 

拓殖大学4年生のデレセ選手。

留学生で主将を務めている

初の試みなんです!

 

デレセ選手の出身はエチオピア。

今や駅伝で活躍する

留学生選手として有名ですが

母国にいる間は

ほとんどトラックレースを走ったことがない

という

留学生選手の中でも

珍しい存在でした。

 

日本に来てから

日本の駅伝のスタイルで練習を続け

20日間で800km以上を走り込んだり

ハードな練習を乗り越え

主将を務めるまでになりました~!

 

チームのメンバーや監督からは

「日本人より日本人らしい」

と言われているデレセ選手。

 


チームや監督のことも

本当に想っていることが伝わってきます。

 

「1番大切なものは?」

という質問に対して

「家族」

と答え、

帰国時には手土産を買って帰るために

普段は節約しているという

家族思いのデレセ選手なんです♩

 

周りへの気遣いや

チームメイトへの優しさが

デレセ選手が主将になった理由の

1つではないでしょうか^^

 

これまでの記録は?

 

10月の出雲駅伝では

チームとしては総合4位に食い込み。

3強である

青山学院大、東洋大、東海大に次いだ

高順位となりました!

 

デレセ選手は3区を走り

見事区間賞を獲得。

 

チームの雰囲気づくりを

目標として走ってきた拓殖大、

箱根駅伝に合わせて

いい感じで調整できたようですね!

スポンサードリンク

卒業後の進路は?

 

現在4年生のデレセ選手。

大学卒業後の進路はどうなのでしょうか?

 

今後の進路については

まだ情報がありませんでした。

 

家族思いのデレセ選手なので

卒業後は帰国してエチオピアで働く可能性も

ありますよね~。

 

しかし、ここまで駅伝を頑張ってきたので

こちらに残って続けるということも

考えられます。

 

どちらにしても

今後の活躍も

目にしていけるといいですよね!

 

終わりに

 

いかがでしたか?

拓殖大学の

「ワークナー・デレセ」選手について

まとめてみました!

 

今回の箱根駅伝の中でも

注目されているデレセ選手。

トップランナーが集まる

2区を走る予定です!

どんな走りを見せてくれるのでしょうか?

楽しみですね!

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。