山崎洋子(沢村貞子元マネージャ)の経歴や生い立ちは?出版書籍も

こんばんは!こかげです!

11月30日放送の

「徹子の部屋」

に出演される

「山崎洋子」さん

みなさん、ご存知ですか?

小説家として

活躍されている山崎さん。

詳しく調べてみました~!

スポンサードリンク

プロフィールは?

 

まずは基本のプロフィールから!

 

山崎 洋子

(やまざき ようこ)

1947年8月6日生まれ

出身:京都府宮津市

コピーライター

児童読物作家

脚本家

 

脚本家などを経たのち

1986年に

「花園の迷宮」という小説で

第32回江戸川乱歩賞し

小説家デビューとなりました。

 

江戸川乱歩賞といえば

推理作家の登竜門として

有名ですよね!

 

生田斗真さん主演で映画化された

首藤瓜於さんの

「脳男」

なども

受賞していました。

 

「花園の迷宮」は

ミステリー小説としても

完成度が高いと言われていて

「伏線がわかっていても

結末を予測するのが難しい」

という感想もありました!

 

私も結構本を読むほうなんですが

この小説は読んだことがなく…。

結構気になる内容だったので

読んでみようかなと思います♩

→「花園の迷宮」を見てみる!

スポンサードリンク

沢村貞子との関係は

 

小説家として活躍されている

山崎さんですが

ある女優さんの

元マネージャーも

されていたことがあるんです!

 

それが

「沢村貞子」さん。

 

沢村さんは

女優さんでもあり随筆家でもあった方で

名脇役女優として

活動されていた方なんだそうです!

 

「名脇役」というのも

26歳の時に

「一生演じることを職業とするために

脇役がいいと計算して志願した」

のだとか。

 

女優さんって

やはり主演として出るのが

1番目指すところなのかな~

という思いでいましたが

トップに上り詰めるのではなく

ベース(脇役)を固めること

長く続けていく

というのは

沢村さんの信念のようなものだったのかなと

思いましたね~。

 

そんな沢村さんを

近くで支え続けたのが

この山崎さんなんですね!

 

30数年マネージャーを務め

沢村さんの最期もみとったんだそうです。

 

山崎洋子の生い立ちがすごい!

 

山崎さん、

自らの人生をエッセイにして

本も出版されています。

 

祖母が入水自殺をしたり

虐待の問題や

結婚と離婚など

様々な問題を抱えてきた

山崎さん。

 

その人生を書き下ろした

エッセイは

1度読んでみる価値ありです!

 

 

 

終わりに

 

いかがでしたか?

最後までお読みいただき

ありがとうございました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。